期限が大事か、達成が大事か。

今日もかねてからのノルマを幾つか消化した。しかし、2週間遅れだ。
僕の頭の中には、今後の人生の予定(目標でもある)が組まれている。期限も一応設けられているのだが、悲しいほどに遅れている。
やるべき事は、時間がかかっても満足いくような達成をしている*1。しかし、期限は大抵大幅に過ぎている*2
わかっている。自分が満足のいくような達成をしても、期限を守らなければ、違うところで失っているものがあるということを。社会の順序は、先ず期限であることを。
しかし、僕は期限のために自分の満足を捨てることになれば、期限を破るだろう。社会人にはなれないだろう。会社人にもなれないだろう。だから、未だに将来何になるのか問われたときに、『芸術家』と答え続けているのだろう。
だけども、こうして文面に書いてみると、なんとも自分は小さな生き物か。そうと知りつつ、生き方は変えられず、変えるつもりもしばらく無いのだろうな。

*1:例えば、最近では一度学校で働きたいとか

*2:例えば、最近では大学に行くとか、そのための作品を作るとか。